「ウグイを釣ろう!」カテゴリーアーカイブ

雑魚釣り行くぜよ!ウグイ釣り!

 

鯉がよく釣れた流れ込みポイント。鯉はおろか鮒すら釣れなくなったポイントです。でも秋になると5cmほどのウグイがよく釣れるので今年はどうかなと思って行ってきました。

翠祥360
道糸2号
ハリス1号
袖鈎3号
ガン玉
玉ウキ

餌:パン

水深は30cmありません。底を亀が這いずっておりました。
10分経ってからだんだんあたりが出てきました。

あたりが出たらこちらのもの。入れ食い状態です。


写真を撮らなかった分、水槽に入れなかった分を含めると20匹以上は釣れたと思います。釣れた時間は6時すぎから7時前までの1時間ありませんでした。

滝のように水が打ち込まれているポイントには鯉たちが群れています。
しかし、パンなど食べない鯉たちです。不思議ですよね~。岸から川までの高さは3m以上あるのでここで大型の魚を釣ることはできません。

でも、雑魚だったら鯉っ子や鮒っ子が釣れると思って試してみました。

大型の鯉が屯する中に仕掛けを叩き込むっ!

浮きが微妙な動き。

モロコ1匹と…

お久しぶりのチチブ君!

鯉っ子、鮒っ子釣りたいですねえ~!


スポンサードリンク

ブラックバスの吸い込み釣り!!!

子供と一緒に行くと仕掛けをセッティングしてあげたり、道糸を絡めたり、根掛かり連発でほとんど自分で釣りができません^^;父親もほとんど変わらない状態ですが、まだマシです。

父親と一緒に流れ込みに行ってちょい釣りに行ってきました。ウグイ狙いです。

翠祥360で釣りです。パンをエサに釣りをはじめましたが、ウキに反応があるものの全く鈎がかりしません。袖鈎3号ではかなりきついエリアでした。ようやくモロコを釣り上げました。


ふー…。

4時半を過ぎてから、当たりが大きくなりウグイが釣れ始めるようになりました。


チチブまで登場。エサをべったり底につけると必ずと言っていいほどチチブがかぶりついてきます。


ちょっとエサを大きくして釣りをしていたら、浮きが一気に消しこむほどの当たりが!鯉はいないはずなので、一体何だ?

サイズは15cm以上ある大物。緑の魚体がうっすら見えました。

バレた…。

一体何だ?

もしかしたらまた釣れるかもと思って竿を出していると、ウグイを追加した後、浮きが制止。エサがなくなったかなと思って竿を上げると…重い!

一気に走る!

やり取りをしてわかったのが、なんとブラックバス!どうしてパンに喰いついてくるんだよ!?


15cm以上のブラックバス。

釣れたのは嬉しいけど、どうしてパンに食ってきたんだ!?

まだまだ釣れるかもと思って竿をだすと、またしてもかかった!明らかにブラックバス!サイズは先ほどと同じです。

バレた…。

どうしてブラックバスが釣れるのか?
パンに雑魚が群がり、ボール状になってしまい、そこに小魚目当てにブラックバスが寄ってきてパクリ!その際鈎も食ってしまった…ってことでしょうね。今までパン目当てにやってきたブラックバスはいませんから。

3回かかってきたので、まぐれとは言えませんね。

パンを使ってのブラックバスの吸い込み釣り。秋の雑魚釣りで試していきますか!

ウグイを釣ろうっ!

ウグイを釣ったのは、清流でオイカワなどを狙いに行った際に外道として釣れたのが初めてでした。親と弟たちとワイワイ言いながらオランダで釣っていました。

魚の呼称ってたくさんあって面白いですよね。
標準和名はウグイですが、ハヤ、ホンバヤ、関東ではクキ、アイソ、長野あたりではアカハラ、九州・四国ではイダ、エイダなどと呼ばれているようです。私は関東居住ですが、クキ、アイソなどとはついぞ聞いたことがありません。関東の一部地域ってことでしょうね。

近所の川で釣った個体
近所の川で釣った個体

生息場所は幅広い!

初めてウグイを釣った場所は清流でしたので、てっきりウグイという魚は清流などきれいな水の流れる場所に住んでいるものだと思っていました。ところが最近、私が鯉を釣っているドブ川のような場所でもウグイが釣れたので驚きました。

確かに、小物釣り動画を見ていると下流域、中流域、ヤマメがいるような上流域にも住んでいたりと順応性はとびきり高い魚です。この季節急に寒くなってきたにも関わらず、モロコたちと一緒にガンガンパンを喰いに来てくれます。産卵期以外は一年中釣れる魚のようです。

 

ウグイのいる場所

現在のフィールドでウグイが釣れる場所は、流れ込みのたるみ、淵、トロ場です。

清流で釣りをした時は、上記に加え、岩が固まっている瀬の部分、深瀬などどのポイントで釣っても喰ってくきました。逆に言うとポイントが絞りにくいのですが、どこでも釣れる魚なのだと感じました。

 

エサ

サシ、パン
私が試したのパンとサシです。どちらも喰いが良いですね。強いて言うならサシの方が若干良いです。他にも川虫や練りエサ、ミミズなどでも釣れるようです。飼育しているウグイは半生赤虫が大好きなので、赤虫でもきっと釣れるはずです。

近所の川で釣った個体
近所の川で釣った個体

 

仕掛け

3.6m~の渓流竿
道糸1号
ハリス0.4~0.8号
袖鈎3号~5号
ガン玉
丸うき、唐辛子ウキ

リール竿にオランダ仕掛けをつけて投入しても釣れます。オイカワと同じですね。

延べ竿での釣りはウキの動きを見て合わせます。
私のフィールドではモロコやモツゴとの混成部隊なので、当たりの際のウキの動きでウグイかその他の魚か大体わかります。

モロコやモツゴは割りと勢い良く消し込む当たり、沈まずにピクピク動きますが、ウグイはス~ッとゆっくりと沈むか、チョンチョンと上下しながら沈んでいくパターンが多いです。

引きは上記2匹の魚と違って強く、重みもあり釣り応えがあります。

中層、底が釣れますね。エサは底ギリギリが最も良いです。
鬼アワセは禁物!他の雑魚同様優しく合わせて下さい^^!

 

ウグイを食べる

ウグイ料理は地方によって様々あるようですね。
私は子供の頃清流でオイカワなどを釣った時に、内臓を取り出して素揚げにして食べたことがあります。ホクホクして美味しかった覚えがあります。

ヤマベ(オイカワ)を釣ろう!

f97fd064ee962ea1aa285e7db0aa204a_s

ウグイの飼育

現在ウグイを3匹飼育しています。鯉っ子、ふなっ子、モロコと混泳させていますが、みんな仲良く暮らしています。エサは半生赤虫をよく食べます。金魚用の飼料も食べないことはないですが、あまり喰いがよくありません。

喰いが良かったのはキョーリンの鯉用エサ、沈下用です。

ヒカリ (Hikari) ひかり胚芽 沈中粒 500g

気をつけなければならないのは、ウグイは水替えなど水質が変わった時に飛び跳ねることです。特に飼育したばかりの頃は、ガラス板に頭をぶつけて頭部を真っ赤にしてしまいます。ガラスぶたの代わりにネットを張るなどして、ショックを和らげるようにしましょう。

2,3週間もすると無茶な飛び跳ねは少なくなります。

流線的なフォルムは日本淡水魚を代表するかのようです。
観賞魚としても愛嬌があり、きれいな魚だと思います。婚姻色が楽しみです。