「雑魚釣行」カテゴリーアーカイブ

雨の中釣行も…しけた釣果

雨が降っていたので出撃しようか迷いました。
活性が上がるのは秋も同じなのかわからないし、雨の日釣行は面倒なので行くのはど

うしようかと思っていました。しかし、それじゃあイカン。とりあえず出撃です。

大物狙いでふと仕掛けを出していましたが、1時間以上経っても大物の反応が全くなし。

雑魚釣るでしょ!

翠祥360に雑魚仕掛け。

が・・・

結局釣れたのはモロコ10匹前後。

こんなのが釣れただけでした。


スポンサードリンク

大物釣りがだめだから雑魚釣りへ切り替えっ!

船着き場で60cm超えの鯉を釣ったので、また大物を釣ってやろうと意気込んで出撃。飛沫530を出してきました。

久々の船着き場 減水してても鯉を釣るっ!

撃沈。

雑魚の数が多すぎて話になりません。
多分いねーだろうなっ!鯉!

切り替えまして…。

翠祥360
道糸2号
ハリス2号
袖鈎3号
まるうき
板オモリ

餌:山崎ふんわり食パン

いろいろな種類のパンを使っていますが、ブランドで言うとやっぱり山パン!
噂によると山崎パンは外国人実習生を雇わず日本人社員と一部の定住外国人だけで生産を行っているようです。

なおさら応援したくなりますねっ!

頑張れ!山パン!

雑魚釣り仕掛けに変更してすぐに反応っ!

多分無数に居るモツゴやモロコだと思います。

プカプカと動きやがって!

合わせるぞっ!

ズンッ!

え…゚Д゚

でかいぞっ!?
雑魚仕掛けに変更した途端に大物とガチンコっ!よくあるパターンです。

沖へ引っ張られる!ことによると鯉かもしれません!このままではラインブレイクしてしまうかもっ!

すぐに川太郎さんに教えてもらった下段にして、穂先を水面に突き立てる!!

堪えたあ~!

ちょっとこちらに寄せることができたので魚体確認。

ずいぶん体が銀色なのでおそらくヘラブナ、マブナと判断。走られる可能性もあるので慎重にやり取りをしようと気を引き締める。

また走った!

こらえる!

2回ほど走られましたがこらえました。体が…細長いっ!40cmは超えている大物?

ゴイニーさんっ!!!!

45cmの似鯉!!

嬉しいっ!久々ですし、大物ってのが嬉しいですね。

お次は何が来るのかなっ・・・と。

ピコピコ可愛い動きをしたので合わせ!

おっ!

小鮒さんっ!

いいねっ!

マブナ狙いで竿を出していくっ!

今度は真横に動き始めたっ!

ピシッ!と合わせ!小気味良い引きです。

多分マブナ…。

ヒレに赤みがかかったかっこいい鯉っ子!!

サイコーです!

かっこいいので写真2枚っ!

そろそろ引き上げなのですが、最後に2投ほど。モロコとモツゴが1匹ずつ釣れました。

似鯉
鮒っ子
鯉っ子
モロコ
モツゴ

何気に五品目達成!
一時はどうなるかと思いましたが、雑魚釣りに切り替えてから楽しくなりました。結果オーライ!

鯉釣りにでかけたけれども…

先日大物を仕留めた新規ポイント。味をしめてまた行っちゃいましたよ。味をしめて釣果を皮算用していくと、大概釣れないこのパターン。今回もご多分に漏れず釣果には恵まれませんでした。

朝靄360に太仕掛けを付けて投入!

と、同時に翠祥に細仕掛けをつけて雑魚釣り。

早朝5時30分からの釣り。なんとか浮きが見える程度です。日の出が本当に遅くなりました。

6時30分までノーピク。

それから徐々に雑魚仕掛けの丸浮きに反応が出始めましたが、うんと小さいサイズなので鈎がかりしません。

朝靄に反応がでたので合わせてみたら…

亀3連弾。

気温15度なのにコイツラまだ蠢いているんですねえ…。

7時10分を過ぎた頃に朝靄の浮きが若干亀とは違う動き。合わせっ!

空振り…

ん?

モロコでしたか…。10cm近い獲物で、モロコにしては大物感がありました。
これにて納竿。なぜか鯉鈎15号にかかるという…。

ダラダラした雰囲気の中雑魚五目釣りを達成…

肌寒い陽気が続いております。
直行直帰出張の早朝雑魚釣りに行ってきました。

場所は先日小鮒を釣ったポイント。あのときは入れポンであたりがあったので期待して行ってきましたよ。

翠祥360
道糸2号
ハリス2号
袖鈎3号
板オモリ
丸うき

餌:山崎パンロイヤルブレッド

すぐにピコピコと動くうき。
反応は良いけれど…鮒のあたりじゃない。多分2cm未満のクチボソが多数つついている状況でしょうな…水中カメラで見なくてもだいたい予想がつきますね。持っていないけど。

ただ待っていても仕方がないので適当に合わせてみる。

空振りの連続。

30分経過。

坊主状態。

だめだこりゃあ~!

その後ようやく釣れ始めました。

モロコ×5匹
ウグイ×1匹
モツゴ×3匹
チチブ×1匹

水槽に入れたお魚たち

ちょっと打つ場所を変えてみました。

今度は浮きが沈んでいくっ…!

合わせっ!

鮒か!?ちょっと重いぞ!

重い・・・けれどもほぼ無抵抗。なんとなく予想がつくわい…。

君か…。

ワタカくん。

続いて同じようなあたりで合わせたらまたしてもワタカくん×2。

これにて終了。

すべて外道でしたけど五目釣り達成です^^;

マブナを釣っていく!!!

 

同日の出来事でしたが、川太郎さんに伝授してもらった釣法で結果的にバラしましたがアメナマといい勝負ができました。

細じかけでアメナマと善戦できたこと

でかい魚はイレギュラーということで雑魚釣りを続行。

入れぽんですぐにウキに反応が現れます。

合わせをいれましたが空振りばかり。

ちょっと鈎のサイズに対して獲物が小さいのかな。

20分ほどすると浮きに大きな反応。横に流れていくっ!

合わせっ!

くくっと軽い手応え。細仕掛けで柔らかい竿なので重く感じる。沖に走られるとものすごく重い感じ。

バテてだらんと引き寄せられてくる小鮒が可愛い。

10cm前後の小鮒さん。

いいなあ~。この釣り。

仕掛け投入。
ちょぼちょぼと浮きがすぐに消えていくっ!

合わせっ!

今度はもっと重い!しなっている500円竿翠祥360が高級ヘラ竿に見える瞬間!

ゲット。

15cmほどのマブナ。

連続で浮きが良い動き。

マブナを追加っ!


いい感じです。この後も良い反応が続いたのに…10バラシという結果で終了。今度もこの場所で釣りをしてみようっ!

パンが魚雷攻撃にあう!

 

どこもかしこも減水と外来浮草のポイントだらけ。鯉を釣ることはほぼ不可能。
外来浮草が枯れ果てる冬までは鯉釣りの回数はかなり減りそうです。今年の秋は雑魚釣りにこだわろうかなと思っております。

昨年まで秋になると鯉っ子が釣れた場所に行ってきました。

なんと水深15cm程度!!

昨年の減水期はこんなに少なくなかった気がするのですが…中洲も例年よりも遥かにだだっ広くなっておりました。

折角来たのですから文句を言わずに釣るっ!

翠祥360
道糸2号
ハリス2号 袖鈎4号
ハリス1号 袖鈎3号
ガン玉
棒ウキ

餌:パン 本仕込

スイベルと浮きの位置がほぼ同じという超激浅のポイント。竿を振り続けて水深を図ってみましたが、どこも同じでした。大型の鯉や鮒と思われる波紋も見られましたが、これらは釣れません。警戒心が強く擦れまくっておりますし、浮きを見ただけで全力逃亡。

クチボソの幼魚と思われる魚たちもいたようですが…うきは一向に動かず。

鯉っ子が釣れたシーズンは10月だったかなあ…もしかして早すぎたのかと後悔しているうちに1時間が経過。

亀が2匹釣れました。

涼しくなったので亀も元気いっぱいに水底を這っていました。

浮きがゆっくりと流されていく…また亀かな?

合わせると魚類の手応え!
それも…しかも重い!

走りはしないけれどもそれなりに重みがあり、サイズは15cm以上か?

うん…ワタカの手応えに似ていました。

ただ・・・ちょっと気持ち細長いボディーラインですなあ。

釣り上げた時に「え!!?」

雷魚じゃないかっ!

しかも上顎ガッツリフッキング!

20cmほどの雷魚をゲット!パンに食いついてくるなんて…初めてです!初雷魚!しかもパンっ!

めっちゃ嬉しいですよ!

出勤前の朝練で沈黙に耐えた甲斐がありました。マグレともいいますな。結果オーライ!

雑魚釣りからのアメリカナマズ

 

鯉を釣りに行ってきました。鯉がよく釣れたポイントだったので、朝靄に太仕掛けを付けてやりましたが、雑魚の猛攻が激しく浮きが動きっぱなし。

消し込んだり大きなあたりこそないものの、1号のおもりをここまで動かせる魚なので雑魚仕掛けにしたら結構釣れるんじゃないかなと思い仕掛けをチェンジ。

袖鈎4号にパンをつけて釣り。

おもりはガン玉だけなのでちょっとしたあたりですぐに浮きが消し込みます。どう見てもモロコかモツゴというあたりはスルーしてこれだというあたりに合わせる。

かかった!

結構重いっ!

重いけれど走らないなあ…。

ワタカー。尺超えていましたけど、画像は省略。

コブナあたりが来てくれると一番嬉しいんですけどね。モロコを数匹釣り上げた後、スパッとしたあたり!

合わせっ!

ぴゅ~!と走る獲物。小気味良い引きです。


コブナさん!

10cmくらいでしたね。

いいじゃないっ!モロコをはさみつつ再び良いあたりが。


13cmほどの鮒。

イマイチあたりが遠のいたので竿をチェンジ。

しぶき530
道糸8号
ハリス8号
鯉鈎15号
1号おもり
棒ウキ

餌:超熟

一投目数秒経過で大きな消込!

合わせっ!

ドンンンッ!

これは…鯉でしょう!グイグイと潜っていく獲物。スピードこそないもの手応えはバッチリ。

…うん。

アメナマだ。

なかなか上がってこないので手こずりましたが、ようやく見えてきた魚体。やっぱりアメリカナマズです。


50cmのアメリカナマズ。

そ~いえば、今年初めてですよ。アメリカナマズ釣ったの。大型の鯉も鮒も釣れないのでこの1尾は非常に嬉しかったです!良かった!

夜一人でギギ釣りに

読者の川太郎さんがギギの飼育について記事をまとめていたので拝見いたしました。私はてっきりあの粘液を四六時中放出しているものと勘違いしておりましたので、飼育はきつそうだなあなんて思っていました。

しかし、川太郎さんはきちっと飼育しておられるようなので自分も試しに飼育しようと思いギギ狙いで釣りに行きました。

https://kawataroo.exblog.jp/21013401/

ターゲットにすると釣れないパターンだなと思いつつ釣り開始!

餌はドバミミズです。

30分後にようやくあたり。

君か…。


20cmちょいのやつでした。

こちらはほっておいて。

20分後にあたり。

結構重いぞ!?

やった!ギギ!


20cm超えていましたね!ただ、飼育するにはちょっと大きすぎます。しばらく眺めてリリース。その後10cmちょいのギギをゲットしました。

5cmほどのギギがほしいですな^^;

アメリカナマズ釣りからギギ釣りへw

このあと、http://nobesaokoituri.com/?p=1310

友人と一緒に夜釣りへ行ってきました。いつも言っている水系の湖です。このポイントで釣りをするのはもう2年ぶりです。雑魚釣りを始めた頃娘と一緒にモロコなどを釣った場所です。

餌はドバミミズです。

夕方から釣りを始めたもののアメリカナマズの反応はなし。

ばかばか釣れるぜ!という触れ込みで友人を誘ったのに全く釣れないという。

でも、あたりが出始め友人が何かを釣り上げました。

10cmくらいの魚で鯉系でもありません。チチブのように見えたので「チチブだなあ~」なんて言っていたら、友人が「いてええ!」と。

!?

よく見たら魚体はアメリカナマズのような姿!

が、よく見たら図鑑でしか見たことのない魚であるギギ!!

後ほど私にもあたり!

モツゴ×3匹…。

が、消し込み!

ちょっと重みのある魚体。鮒っ子でもかかったか!?


ギギ!!!

人生初ギギ!

可愛いなあ~!持って帰って娘に見せたら喜ぶかも。

ヌルっ・・・!

すごいぬめり!全身ローションじゃないですかっ!このぬめり…タコ並です。こんなの飼育するのはちょっと無理だろうな…。魚食性だし娘が飼育している金魚は近い将来コヤツの胃袋に入るでしょう。

ってんでリリース。

アメリカナマズはどうでもいいやっ!雑魚を釣ろう!雑魚っ!

またしても消し込み!

君かい…


ワタカ君。

またしてもあたり!

ギギはアメリカナマズにそっくりですが日本の在来種です。
アメリカナマズは外来種ですからね。

よし来たっ!!


これだけギギが釣れるとは驚きです。水の中って生態系がどんどん変化しているのかな?2年前はアメリカナマズオンリーだったのですが…。

友人はアメリカナマズと70cm超えの鯉をゲット!

くう~!羨ましいです!

鯉が釣れないので雑魚釣りへ

 

猛暑、酷暑を通り越して「爆暑」となってしまった今年の夏。
本当に暑いですねえ…。こんな暑いんだから釣りに行くなよと思うでしょうけど、釣りキチガイですから出陣してしまいます。

しかし、鯉は全くやる気を失っています。釣れないのを承知で鯉をターゲットにするほどお人好しではないので、ターゲットを変更。

鮒か雑魚釣りです。

大型の鯉がやる気を失っているのに対し、ジャミの猛攻は暑さなどお構いなし。亀もやる気をなくしているようで、連日の超高温となってからは活性が落ちています。

雑魚をターゲットに。

公園の護岸された場所で釣りをしてきました。近くにある落ち葉集積地帯でミミズをゲット。何故かこのポイントではドバミミズは殆どおらず、9割以上はシマミミズでした。体長は2~4cmの小型のものばかり。雑魚釣りにはもってこいのサイズです。

20匹ほど採取。

翠祥360
道糸2号
ハリス2号
袖鈎4号
板オモリ
棒ウキ

餌:ミミズ

一投目でいきなりの反応。雑魚はやっぱり動きがアグレッシブ。
しかし、合わせど合わせどかかることがありません。そう、サイズが小さすぎるんです。体長2cm前後の小魚ばかりでしたからね。

ようやくヒット。

思ったよりも重い。おお!もしかしたら!?鮒?


ワタカでしたか…。

割と筋肉質のワタカでした。手に持つとワタカ独特のすっぱ臭い体臭が手についてしまうので、すぐにリリース。

それからというものモロコが2,3匹ヒット。


やはり大きなモロコはいませんね。

餌がなくなってきたので、網で周辺をガサッてヌマエビを数匹ゲット。これを生き餌にして釣りをしてみました。

一投目。

浮きが消し込んだっ!

エビすごいな!

合わせを入れると結構重い。今度こそ鮒?

え!?


ブルーギル!

新魚種を釣り上げました!この水域にギルなんていたんですね!!知らなかった…。何はともあれ、新魚種ゲットはめでたい!

嬉しいですね。外来種とはいえ^^;他の水域なら嫌というほどいるのでしょうけど。

と、ここまでが早朝の釣り。

午後、子どもたちが釣りにいきたいというので、猛暑の中30分だけ釣り。
お魚キラーをしかけて、娘はがさがさ。私と息子は雑魚釣り。

キラーにはモツゴやヌマエビだけでしたが、娘はガサガサでレア魚をゲット!


雷魚!!

ネットで調べたら雷魚の稚魚でした。雷魚は外来種ですが、特定外来生物ではないので飼育は可能です。娘が自由研究のために飼育することに。

果たしてどうなるか…!