雑魚釣り行くぜよ!ウグイ釣り!

 

鯉がよく釣れた流れ込みポイント。鯉はおろか鮒すら釣れなくなったポイントです。でも秋になると5cmほどのウグイがよく釣れるので今年はどうかなと思って行ってきました。

翠祥360
道糸2号
ハリス1号
袖鈎3号
ガン玉
玉ウキ

餌:パン

水深は30cmありません。底を亀が這いずっておりました。
10分経ってからだんだんあたりが出てきました。

あたりが出たらこちらのもの。入れ食い状態です。


写真を撮らなかった分、水槽に入れなかった分を含めると20匹以上は釣れたと思います。釣れた時間は6時すぎから7時前までの1時間ありませんでした。

滝のように水が打ち込まれているポイントには鯉たちが群れています。
しかし、パンなど食べない鯉たちです。不思議ですよね~。岸から川までの高さは3m以上あるのでここで大型の魚を釣ることはできません。

でも、雑魚だったら鯉っ子や鮒っ子が釣れると思って試してみました。

大型の鯉が屯する中に仕掛けを叩き込むっ!

浮きが微妙な動き。

モロコ1匹と…

お久しぶりのチチブ君!

鯉っ子、鮒っ子釣りたいですねえ~!


スポンサードリンク

パンが魚雷攻撃にあう!

 

どこもかしこも減水と外来浮草のポイントだらけ。鯉を釣ることはほぼ不可能。
外来浮草が枯れ果てる冬までは鯉釣りの回数はかなり減りそうです。今年の秋は雑魚釣りにこだわろうかなと思っております。

昨年まで秋になると鯉っ子が釣れた場所に行ってきました。

なんと水深15cm程度!!

昨年の減水期はこんなに少なくなかった気がするのですが…中洲も例年よりも遥かにだだっ広くなっておりました。

折角来たのですから文句を言わずに釣るっ!

翠祥360
道糸2号
ハリス2号 袖鈎4号
ハリス1号 袖鈎3号
ガン玉
棒ウキ

餌:パン 本仕込

スイベルと浮きの位置がほぼ同じという超激浅のポイント。竿を振り続けて水深を図ってみましたが、どこも同じでした。大型の鯉や鮒と思われる波紋も見られましたが、これらは釣れません。警戒心が強く擦れまくっておりますし、浮きを見ただけで全力逃亡。

クチボソの幼魚と思われる魚たちもいたようですが…うきは一向に動かず。

鯉っ子が釣れたシーズンは10月だったかなあ…もしかして早すぎたのかと後悔しているうちに1時間が経過。

亀が2匹釣れました。

涼しくなったので亀も元気いっぱいに水底を這っていました。

浮きがゆっくりと流されていく…また亀かな?

合わせると魚類の手応え!
それも…しかも重い!

走りはしないけれどもそれなりに重みがあり、サイズは15cm以上か?

うん…ワタカの手応えに似ていました。

ただ・・・ちょっと気持ち細長いボディーラインですなあ。

釣り上げた時に「え!!?」

雷魚じゃないかっ!

しかも上顎ガッツリフッキング!

20cmほどの雷魚をゲット!パンに食いついてくるなんて…初めてです!初雷魚!しかもパンっ!

めっちゃ嬉しいですよ!

出勤前の朝練で沈黙に耐えた甲斐がありました。マグレともいいますな。結果オーライ!