冬の雑魚達の飼育エサ

 
現在、60cm水槽には鯉っ子5匹、鮒っ子3匹、ウグイ3匹、モロコ2匹が暮らしております。秋までは金魚エサをぱくついていましたが、11月下旬当たりから冷え込みが厳しくなり、ほとんど食べなくなってしまいました。

水槽の壁が汚いっす^^;

錦鯉っ子と五色鯉っ子です。購入したのではなく、鯉釣りフィールドで雑魚釣りをしたら釣れてしまいました。誰かが逃したのでしょうな。

ふなっ子たちは今年の春に採取した卵から孵った個体です。
彼らは100円のエサをむしゃむしゃと食べていましたが、最近はめっきり食欲が落ちています。うち2匹はヘラブナっぽい個体です。

この鯉&金魚エサは人気なし。
秋に与えても残すことが多かったです。今では娘が飼育している金魚(祭りの金魚すくいですくった個体)に与えています。

100円のエサは鮒が食べているはずです。目の前ではぱくつきませんが、1日経つと跡形もなくなっています。

やっぱり半生赤虫!

冬は動物性のエサが良いと言われています。冬の鯉釣りではアカムシの束を鈎にくくりつけますし、汽水域での鯉釣りではバチ抜けと言ってゴカイをエサにしています。

これなら食べてくれる。

ゆっくりと沈んでいく半生赤虫達。
ウグイが寄ってきた!
底に付く前に食べ終わってしまうほどの勢いです!それを見た鯉たちが寄ってきてむしゃぶりついていました。

これで冬も乗り越えられそうです。モロコも赤虫を食べていました。ヘラっぽいのは食べていませんでしたが、ちびマブナは食べていました。


スポンサードリンク

「冬の雑魚達の飼育エサ」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください