折れかけた気持ちで雑魚釣りへと出撃!

竿は流される。
流された竿を救出するために使用したリール竿がへし折られる。
気持ちを切り替えて鯉釣りをし始めたら、6号のハリスを鯉にぶち切られる。

大損害…あまりの不甲斐なさに嫌になる

気分転換に雑魚釣りです。

 

車で5分ほど移動し、流れ込みポイントで釣り。すでにやまべ釣り師がおりましたが、釣果を伺うと6匹しか釣れていないとのこと。年々渋くなってきているとのことです。カワウのせいだそうです。確かに、狭い流れ込みでカワウが2匹もおりました。

1日に何キロも捕食するカワウですから、こんな小さなポイントでは生態系に悪影響が出るかもしれません。一部地域では駆除対象の害鳥とのことですから、カワウの破壊力というのは馬鹿にできないのでしょう。

 

清明540を360に縮めて雑魚釣り。餌はサシ。

 

打てども打てどもうきに反応はなし。
棚を変えてみましたが、それでもあたりがない。

 

1時間後にようやく浮きの消込み!

 

合わせっ!

 

ブルブルッとした手応えでしたが、なんとなく弱いような^^;

 

やっぱり。

モロコさん!

 

この日の釣果はモロコ一匹。
鯉も雑魚も渋いですね~^^;


スポンサードリンク

「折れかけた気持ちで雑魚釣りへと出撃!」への9件のフィードバック

  1. 初めてコメントします。
    「鯉釣って鯉っ!」も合わせ、釣りを楽しんでいる様子が伝わってくるブログですね(^^) 無駄にお金をかけない釣りというコンセプトにも共感します(^^)

    ところで、このモロコはスゴモロコですね。
    他の記事のは、すべてタモロコのようですが、この記事と2016/12/10「ヤマベを狙ったけれども」の記事のモロコは、スゴモロコと見ました。

    以前、私も釣ってきたスゴモロコを水槽で飼っていたことがあります。若干ですが、虹色っぽい構造色を持っていて、きれいなモロコですよね(^^)

    1. 鯉釣りブログ、過去記事も見てくださっただけでなく、コメントまで頂きありがとうございます!
      しかも、雑魚釣りブログに書き込んでくれるなんて…嬉しすぎます!

      さて、スゴモロコでしたか!私も図鑑で見てもスゴモロコとタモロコの区別が全くつかず、ましてや現場で釣っている時は全部タモロコに見えてしまいますw釣りをはじめた時はモツゴとモロコの区別もつきませんでしたから^^;

      夏、秋は雑魚釣りの季節ですねえ~!これからもどうぞよろしくお願い致します。

      1. スゴモロコ。元々は琵琶湖の固有種だったんですよね。

        私がスゴモロコを始めて釣ったのは、1989/9/24。荒川水系の沼でした。そのときは、初めて見る魚だったので「この魚は何だ?」と思った記憶があります。それで、写真を撮っておいて調べたところ、スゴモロコだと確認できました。

        関東圏にやってきたのは、この頃からかな・・と思っています。

        見た目はタモロコに似ているのですが、カマツカ亜科・・つまり、モロコの仲間ではなく、カマツカやニゴイの仲間なのですよね。

        タモロコとの見分け方は、私のフィーリングですが・・
        ●タモロコより背中の色が薄く、薄茶色でやや透明感がある
        ●側線に沿って黒い点々がある(2016/12/10記事の2枚目の写真に、よく出ています)
        ●若干だが横腹が、虹色っぽい光を持つ
        ●タモロコより体の柔軟性が少ない(ニゴイやカマツカも体の柔軟性が少ないですよね)
        ●タモロコより、やや目が大きい
        ・・という感じでしょうか。

        今は関東圏に生息しているとは言うものの、まだまだタモロコよりは数が少ないと思います。見分けがついたら、ぜひ、iyoshiさんの水槽に迎えてあげてください(^^)

        申し遅れましたが、ブログ村の「ウキ釣り」コーナーで「淡水五目釣り ~Fish bless you!~」を書いているそれがしです。こちらこそ、よろしくお願いします。

        1. えええええええええ~!!!!!
          淡水五目釣りのkawatarooさんだったんですかっ!嬉し感激です!実は2年前から携帯のブックマークに入れていますし、記事は全部読みましたよ!
          レンギョ、ソウギョを釣りたくてブログを探していたらkawatarooさんのブログに出会いました。レンギョを釣るなんてすごい人だなあと。それで「淡水大物釣り」の本を買っちゃいました。いまだにレンギョ釣りにチャレンジ出来ていませんけど^^;

          いやあ~憧れのブログ主さんからコメントいただけるとは光栄至極です!

          あと、スゴモロコの見分け方の件、ありがとうございました!これからモロコを釣ったら一匹一匹確認して、写真をアップしてkawatarooさんにチェックしてもらった方が確実かもしれません^^

          雑魚釣りブログと鯉釣りブログにkawatarooさんのブログをリンクしました。
          http://zakotansuigyo.info/?page_id=183
          http://nobesaokoituri.com/?page_id=16
          今後ともよろしくお願い致します!!

          1. 私のブログ記事を全部読んでいただいているとは・・・。こちらこそ、恐悦至極にございます(^^)

            レンギョ釣り。楽しいですよ(^^)/
            大きな魚に似合わぬ微妙なアタリ。合わせが決まった時の根掛かりのような手ごたえ。ジェットのスイッチが入ったかのような走り。ときおりファイト中に見せるジャンプ!・・やっているときは、バレないかとヒヤヒヤものなんですが・・すべてレンギョ釣りの醍醐味です。

            コイは、ウキ・ミャク・ぶっこみ・パンの浮かせ釣りなど、色んな釣り方で釣れる魚です(それが面白いところでもありますが)。一方、レンギョは中層魚なので、ウキ釣り以外では、まず無理です。

            やはりウキ釣りは、私の好きな釣り方なんですよね。淡水域において、その「ウキ釣り」という釣り方じゃないと釣れない、最大の魚がレンギョ。こうなると、ウキ釣り師としては燃えてくるものがあるではありませんか(^^)

            iyoshiさんは、関東にお住まいですよね?
            でしたら、ぜひレンギョ釣りにも挑戦してみてください。水槽に入るサイズではありませんけど(^^)

          2. レンギョ釣り、読んでいるだけでもわくわくしました。釣りたいんですよね~!いつものフィールドには夏にごくごく稀に見かける程度です。以前、へんてこな仕掛けで釣ろうとしたのですがダメでした^^;今度やる時はしっかりとした装備でやりたいもの。そう言えば・・・リール竿がぶっ壊れてしまいました^^こうなったら二代目剛630でやりますかな!

  2. リール竿なら、ライン:ナイロン4号、ハリス:ナイロン3号、ハリ:チヌ6号くらいのハリで、よほど無茶をしたり、竿の操作を誤ったりしなければ大丈夫ですが、のべ竿の場合は、真っすぐ沖に向かってジェットの走りをされたとき、おそらくラインが切れると思います。

    荒川水系で何度か出会った人で、いつも、のべ竿でレンギョ釣りをやっている人がいました。私は勝手に「のべレンジャー」と呼んでいましたが・・(^^) その、のべレンジャー氏は道糸もハリスもPEライン5号だとか。「今までに、糸を切られたことはない」と言ってました。

    この仕掛けでブレイクするとしたら、たぶんラインではなく竿の方だろうな・・とは思いました。

    のべチャレンジを決して止めるものではありませんが、レンギョ釣りには磯竿2号か3号のリール竿がオススメではありますよ(^^)

    1. リール竿と言ってもそんな細い糸でも上がるんですね!やっぱりテクニックなんですね。ジェット走りをされたら一瞬にしてぶっちぎられそうですわい…。ナイロン6号では簡単に切られそうです。

      のベレンジャーなる方がいるんですねwPE5号だと相当強度が強い!まさにロッドブレイク不可避ですな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です