大物の活性が格段に下がる中、雑魚軍団が活性上昇!?

先週末、全く釣りに行けませんでした。仕事と家族の都合でやむを得ず断念。しかし、あまり残念な気がしないんですよね~。「どうせ行っても釣れないだろうから」という気持ちがあるからでしょう。

という訳で、8月1日早朝に出撃してきました。浅場で水深は70cmほどでしょうか。護岸されたフィールドで、鮒が釣れやすいので鮒仕掛けでやってみました。

清明540⇒360
道糸3号
ハリス3号
棒ウキ
鯉鈎10号
板オモリ

えさ:パン

1時間以上経過しましたが、その間あたりはしっかりありました。ありましたが、全く合わせることが出来ませんでした。いくら私が下手でもこれはおかしい。もしかしたら、鈎がかりしないくらい小さい魚がくわえているのでは?それもモロコなどではなく、鯉っ子、若しくは鮒っ子が食べているのかなと。

ハリス0.6号、サヨリ鈎、ガン玉に変更して釣り再開。

すぐに明確なあたりが来たっ!

合わせるとモロコのような軽さではなくやや重い引き。

ちっちゃい得物がかかっている!

鯉っ子だああ~!

鯉っ子、モロコと入れ食い状態となっておりました。まずはモロコをまとめて。

川太郎さんにタモロコとスゴモロコの識別はおまかせするとして…。

鯉っ子はモロコよりもサイズが小さくても、引きは俄然強いです。フニャフニャした清明なので、手応えも抜群。皆さん体長は2~4cmほどのかわいい方々でした。

モツゴも釣れました。モツゴってこう見えてかなり凶暴です。一緒に飼育していたモロコの眼球が全てえぐられておりました…。

嬉しいことにウグイまで登場!!5目まであと1魚種となりました。まだ釣れていないのは鮒だけです。

打ち続けてもモロコが連発。もうだめかと思っていたその時。

鯉っ子!

それも6cmほどの鯉っ子でしたw

 

鮒、鮒、鮒あああああ!!!鮒来てくれえ!!

ラスト一投。

浮きが真横に動いていく。

合わせっ!

重いっ!
大きな魚体が見えてきました。10cm以上ある大物です。

鮒っ子!!!

無事に鮒で終わることができました!晩夏から秋までは雑魚釣りブログの方が更新が多くなるかもしれません^^雑魚釣り楽しいですね!

釣果:

  1. 鯉っ子 7匹
  2. 鮒っ子 1匹
  3. モロコ 15匹
  4. ウグイ 1匹
  5. モツゴ 1匹

スポンサードリンク

「大物の活性が格段に下がる中、雑魚軍団が活性上昇!?」への2件のフィードバック

  1. きっとウキが動きまくって、楽しい釣りだったことでしょう(^^)

    さてモロコですが、5枚の写真すべて、スゴモロコだと思います。この中で5枚目の写真だけが、若干の疑問があり、もうちょっと角度を変えて見てみたいところなのですが、タモロコのようにクニャッとならず、魚体がピンと突っ張っている感じなので、おそらくこれもスゴモロコだと思います。

    スゴモロコがたくさんいるポイントですね。素晴らしい(^^)

    1. 入れ食い状態でした!ほとんどモロコでしたけど、退屈しないのが良いです!
      ほぼ全部スゴモロコですかっ!驚きです。琵琶湖固有種にも関わらず、こんなドブ川に毛の生えたような場所に住んでくださるとは…。
      見分け方は何となくわかりました。自宅でもモロコを飼育していますが、多分タモロコ…かなあ。現場でスゴモロコと確定できたら飼ってみようかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です