ウグイを釣ろうっ!

ウグイを釣ったのは、清流でオイカワなどを狙いに行った際に外道として釣れたのが初めてでした。親と弟たちとワイワイ言いながらオランダで釣っていました。

魚の呼称ってたくさんあって面白いですよね。
標準和名はウグイですが、ハヤ、ホンバヤ、関東ではクキ、アイソ、長野あたりではアカハラ、九州・四国ではイダ、エイダなどと呼ばれているようです。私は関東居住ですが、クキ、アイソなどとはついぞ聞いたことがありません。関東の一部地域ってことでしょうね。

近所の川で釣った個体
近所の川で釣った個体

生息場所は幅広い!

初めてウグイを釣った場所は清流でしたので、てっきりウグイという魚は清流などきれいな水の流れる場所に住んでいるものだと思っていました。ところが最近、私が鯉を釣っているドブ川のような場所でもウグイが釣れたので驚きました。

確かに、小物釣り動画を見ていると下流域、中流域、ヤマメがいるような上流域にも住んでいたりと順応性はとびきり高い魚です。この季節急に寒くなってきたにも関わらず、モロコたちと一緒にガンガンパンを喰いに来てくれます。産卵期以外は一年中釣れる魚のようです。

 

ウグイのいる場所

現在のフィールドでウグイが釣れる場所は、流れ込みのたるみ、淵、トロ場です。

清流で釣りをした時は、上記に加え、岩が固まっている瀬の部分、深瀬などどのポイントで釣っても喰ってくきました。逆に言うとポイントが絞りにくいのですが、どこでも釣れる魚なのだと感じました。

 

エサ

サシ、パン
私が試したのパンとサシです。どちらも喰いが良いですね。強いて言うならサシの方が若干良いです。他にも川虫や練りエサ、ミミズなどでも釣れるようです。飼育しているウグイは半生赤虫が大好きなので、赤虫でもきっと釣れるはずです。

近所の川で釣った個体
近所の川で釣った個体

 

仕掛け

3.6m~の渓流竿
道糸1号
ハリス0.4~0.8号
袖鈎3号~5号
ガン玉
丸うき、唐辛子ウキ

リール竿にオランダ仕掛けをつけて投入しても釣れます。オイカワと同じですね。

延べ竿での釣りはウキの動きを見て合わせます。
私のフィールドではモロコやモツゴとの混成部隊なので、当たりの際のウキの動きでウグイかその他の魚か大体わかります。

モロコやモツゴは割りと勢い良く消し込む当たり、沈まずにピクピク動きますが、ウグイはス~ッとゆっくりと沈むか、チョンチョンと上下しながら沈んでいくパターンが多いです。

引きは上記2匹の魚と違って強く、重みもあり釣り応えがあります。

中層、底が釣れますね。エサは底ギリギリが最も良いです。
鬼アワセは禁物!他の雑魚同様優しく合わせて下さい^^!

 

ウグイを食べる

ウグイ料理は地方によって様々あるようですね。
私は子供の頃清流でオイカワなどを釣った時に、内臓を取り出して素揚げにして食べたことがあります。ホクホクして美味しかった覚えがあります。

ヤマベ(オイカワ)を釣ろう!

f97fd064ee962ea1aa285e7db0aa204a_s

ウグイの飼育

現在ウグイを3匹飼育しています。鯉っ子、ふなっ子、モロコと混泳させていますが、みんな仲良く暮らしています。エサは半生赤虫をよく食べます。金魚用の飼料も食べないことはないですが、あまり喰いがよくありません。

喰いが良かったのはキョーリンの鯉用エサ、沈下用です。

ヒカリ (Hikari) ひかり胚芽 沈中粒 500g

気をつけなければならないのは、ウグイは水替えなど水質が変わった時に飛び跳ねることです。特に飼育したばかりの頃は、ガラス板に頭をぶつけて頭部を真っ赤にしてしまいます。ガラスぶたの代わりにネットを張るなどして、ショックを和らげるようにしましょう。

2,3週間もすると無茶な飛び跳ねは少なくなります。

流線的なフォルムは日本淡水魚を代表するかのようです。
観賞魚としても愛嬌があり、きれいな魚だと思います。婚姻色が楽しみです。


スポンサードリンク

「ウグイを釣ろうっ!」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください