「雑魚釣行」カテゴリーアーカイブ

父と娘と雑魚釣りへ

 

夕方、家族で出かけた後帰宅。小さい息子とヨメが昼寝に入ったので、「今だ!」と言わんばかりにすきを突いて父親へ連絡。3人で雑魚釣りへと向かいました。

場所は最近鯉っ子や鮒っ子を釣っているポイント。

仕掛けは翠祥360
道糸2号
ハリス0.4号
アカムシ鈎
ガン玉
棒ウキ

餌:パン

 

撒き餌はキャットフード&パン粉。
あたりが全然ありません。父はサシ餌でモロコを一匹ゲット。娘と私は沈黙。しばらくすると、娘にあたりが出始めました。が、釣り上げるには至らず。

私の浮きがようやくもやもや言い始めたので合わせ。すううう~と、消し込む。

はいっ!

重いけど。その場であがいているだけというあたり。

やっぱりね。

ワタカさん。30cmほど。

それでも、娘にとっては羨ましい一尾だったようで、釣魂に火がついたようです。1時間半ほど釣りをしましたが、結局私はワタカ4匹。

娘は坊主。
父はモロコとワタカを合わせて8匹。父が珍しく一番でしたw

 

ワタカを釣った時の感覚

ブルブルと大きなモロコを釣った時に似ていますが、モロコほど生きが良くない感じがします。40cmを超える個体は別ですが、それ以下ですとただバシャバシャあがいているだけで簡単に釣り上げられてしまいます。

釣った時の嬉しさもほとんどなく^^;ワタカを狙って釣りをしている釣行記も動画もほとんどありません。そのため、敢えて別ブログの記事でワタカの釣り方や釣行記を書いてはみたものの…継続しようとは思いませんでした。やっぱり釣っていて面白みが無いんです^^;

ワタカを釣るにはどうしたらいいのでしょうか?っていうかワタカしか釣れませんw

それでもアカミミガメを釣り上げた時よりはまだ良いですし、坊主よりもワタカ1,2匹釣れた方が遥かに嬉しです。釣行後、他人に対して言い訳として、

「まあ、魚は釣れたけど、ワタカ2匹だけだったんだよ」

という言い回しができます。

パンやミミズ、サシ、練り餌に貪欲に食いついてきます。合わせは早めに入れたほうがよいです。遅いと飲み込んでしまって鈎を取るのが大変です。

「さあ!みんなで釣ってみよう!」

と、言えないくらい面白み欠けるのがワタカという魚です^^


スポンサードリンク

小鮒釣り!鯉エサスイミーで、鮒釣り絶好調!

雑魚釣りをしようと思ったら、思わぬ大型鯉の奇襲を受け、大型対応のし掛けにチェンジし鯉を2尾釣り上げました。

結果的に鯉釣りと雑魚釣りを両方楽しむ

ここから雑魚釣りです。

翠祥360
道糸2号
ハリス0.6号
ガン玉
棒ウキ
袖鈎3号

エサ:スイミー

スイミーの鈎持ちの悪さが気になったので、袖鈎がすっぽり隠れるほどエサを多めにつけました。普通、パンで釣る場合は針先にちょこんとつけるだけです。

当たりはあります。おそらくモロコ連中でしょう。
モロコの当たりがひとしきり収まったかなと思った頃、ウキが真横にゆ~っくりと動き始めるんですよね。

合わせっ!

いい手応え!

 

う~ん…。この手応えもいいですね!竿先がきゅきゅっと絞られた時の快感はなんとも言えません。二代目剛などで雑魚釣りをすると手応えはイマイチです。やっぱり太めの硬調は大型用ですね!

撮影中に逃げられてしまったふなっ子が2匹。

スイミーの底力を改めて実感。経験上、マルキューの『大ごい』『キューちゃん』『スイミー』は鮒の反応がよろしいですね。もっというと鯉よりも素早く反応してくれます^^;エサが無くなったので雑魚釣りは40分ほどで終了。

釣果:
鮒っ子 7匹

大きな鯉を釣った場所で鯉釣りをしていたけど…

先日大鯉を釣った場所へ行ってきました。そう、味をしめてね。おまけに、前日に少し雨が降ったので、もしかしたらという期待を込めていきました。しかし、激渋どころか鯉の反応が全くありませんでした。

濁っていたので大鯉たちもこぞって餌を食ってくるかな~と…。

反応なし!!二代目剛をすぐに回収。

雑魚釣りです!

ノベルド300
道糸2号
ハリス0.6号
袖鈎3号
ガン玉
棒ウキ

餌:パン

鯉釣りのために撒き餌を撒いていたので、雑魚仕掛けですぐに反応あり。

モロコを適当に数匹釣り…。

モロコのあたりって強いんですよ!クーンっ!と、浮きを持っていくんです。消し込みあたりですけど、その後が右へ行ったり、左へ行ったり、沖へ行ったり。要するに複数のモロコが四方八方から突いている状態です。

ウキ下を長くして底に餌が着くように変更。

 

食い上げあたり!

合わせっ!

結構重いです!なんだかビチビチと動き回っています!ほとんど走らないくせに。大きめの魚体が見えたので、尺鮒かと期待して引き寄せ…。

ワタカじゃ…。

暗い時間じゃないんですけど、撮影がうまくできませんね。

今年初物のワタカ。30cmオーバーの大物です。たくさん釣りたいと思わない魚ですけど、少しうれしかったです。

 

続けて遊んでいると、浮きがぬるっとした感じで横へ移動。
ははあ~ん…。鮒でしょっ!?

合わせっ!

かかった!

ぴゅ~!と、横へ走る得物。結構頑張ってくれまして、良い引きを楽しめました。一瞬鯉かと重い焦っちゃいました。

30cmくらいあったかな?何かうまく撮れないなあ。

もしかして、このサイズの鮒が入れ食いかもしれないと、急にテンションが上ってきました!やっぱり真夏は小物釣りだぜっ!!!

 

今度は食いあげてからの消し込み。

合わせっ!

 

沖へと走る!鮒っ子です!ちっちゃいけどよく走りました。

手のひらサイズ。

 

この後は連続してモロコ祭りとなり…。写真は撮りませんでした^^;合わせずに放っておいたら、浮きの反応がなくなったのであげようとしたら…重い。

 

けど、すぐに上がった。

チチブっ!

モロコに始まりチチブで終わりました。まあ、鮒が釣れたし十分でしょう!

釣果:

  • モロコ多数
  • 鮒 2匹
  • ワタカ 1匹
  • チチブ 1匹

3時間、まったりと小物を釣る!!

 

大物は一切狙わずに小物狙いに出撃。

鯉っ子、鮒っ子の重い引きもかわいいもんです。
清明540を360にしていつもどおりの釣り。

道糸2号
ハリス0.6号
サヨリ鈎
ガン玉
棒ウキ

エサ:パン

撒き餌を撒いてしばらくすると、モロコ、モツゴがポツポツと釣れ始めました。いきなり鯉っ子や鮒っ子がくるのではなく、まずは先遣隊として彼らが突撃してきます。

モツゴ、モロコは多数釣れましたので写真の多くを割愛^^;

鯉っ子もポツポツと釣れ始めたのは、釣りを開始して1時間ほどしてから。やっぱりかわいいっすわ~!

めちゃくちゃ調子が良いっ!さあ、餌を付け替えて次なる一匹を…と思っていたら、竿を振って仕掛けを投げたはずなのに飛んでいかない。

おや…?

清明の穂先がポッキリっ!

あ~あ…。まあ、100円の中古竿だから仕方ないか。大きな鯉やら鮒やらポチポチ釣ってきましたからね。栄誉ある殉職です。清明の代わりは新竿です!

翠祥360です。硬調ですが細くて穂先が柔らかく、柔軟な対応も可能な感じ。実はこれ、キャスティングの限定セールで500円でした^^;

 

この後も絶好調!

ウグイをもゲット!

またしても残った鮒っ子。鮒さえ釣れれば5目釣り達成。

来てくれました^^;

途中、アカミミガメに喰われて鈎を取られ、袖鈎3号にチェンジしました。

大きくなってからまたファイトしたいですね~。

釣果:

  • 鯉っ子 14匹
  • 鮒っ子 4匹
  • ウグイ 1匹
  • モツゴ、モロコ 多数

カワウやアメナマに食されていない鯉っ子たち

いや~…本当は大物を狙いたいのですが、本当に気配すらしないので、今日も鯉っ子釣りです。前回とはポイントを変えて仕掛けを投入。

清明540⇒360
道糸2号
ハリス0.6号
サヨリ鈎
ガン玉
棒ウキ

エサ:パン

パンを撒いて魚を呼ぶ。
10分くらいしてから反応が強く、入れ食い状態に。

この反応の速さ!イージーさ!これが雑魚釣りの醍醐味よお!!

 

スレがかりで良型のモツゴがかかり。

モツゴラッシュ!
昨年まで、このポイントはモツゴが釣れることはほとんどありませんでした。ワタカかモロコばかりで、秋の減水期にちょっぴり鯉っ子と鮒っ子、稀にウグイが釣れる程度でした。

今年はモツゴばかりが釣れます。しかもこの日はモロコがゼロ!

待望の鯉っ子たちも上がり始めました。

ウキがピコっと消し込んだ時はたいていモツゴ。
モヤモヤと少し沈んでからゆっくりと横に動いていくのが鯉っ子。

というパターンが多かったです。鯉っ子の引きの重さを楽しんでいます。ぴゃぴゃ~!と、走っていくのがたまりません。

夏はサイズこそ小さいものの、秋よりも鯉っ子たちがよく釣れます。やっぱり秋になるまでにカワウやアメリカナマズに喰われてしまうんでしょうね…。秋はサイズが大きいけれど、生き残った鯉っ子って非常に少ないです。

釣果:

  • モツゴ 多数
  • ウグイ 1匹
  • 鯉っ子 4匹

大物の活性が格段に下がる中、雑魚軍団が活性上昇!?

先週末、全く釣りに行けませんでした。仕事と家族の都合でやむを得ず断念。しかし、あまり残念な気がしないんですよね~。「どうせ行っても釣れないだろうから」という気持ちがあるからでしょう。

という訳で、8月1日早朝に出撃してきました。浅場で水深は70cmほどでしょうか。護岸されたフィールドで、鮒が釣れやすいので鮒仕掛けでやってみました。

清明540⇒360
道糸3号
ハリス3号
棒ウキ
鯉鈎10号
板オモリ

えさ:パン

1時間以上経過しましたが、その間あたりはしっかりありました。ありましたが、全く合わせることが出来ませんでした。いくら私が下手でもこれはおかしい。もしかしたら、鈎がかりしないくらい小さい魚がくわえているのでは?それもモロコなどではなく、鯉っ子、若しくは鮒っ子が食べているのかなと。

ハリス0.6号、サヨリ鈎、ガン玉に変更して釣り再開。

すぐに明確なあたりが来たっ!

合わせるとモロコのような軽さではなくやや重い引き。

ちっちゃい得物がかかっている!

鯉っ子だああ~!

鯉っ子、モロコと入れ食い状態となっておりました。まずはモロコをまとめて。

川太郎さんにタモロコとスゴモロコの識別はおまかせするとして…。

鯉っ子はモロコよりもサイズが小さくても、引きは俄然強いです。フニャフニャした清明なので、手応えも抜群。皆さん体長は2~4cmほどのかわいい方々でした。

モツゴも釣れました。モツゴってこう見えてかなり凶暴です。一緒に飼育していたモロコの眼球が全てえぐられておりました…。

嬉しいことにウグイまで登場!!5目まであと1魚種となりました。まだ釣れていないのは鮒だけです。

打ち続けてもモロコが連発。もうだめかと思っていたその時。

鯉っ子!

それも6cmほどの鯉っ子でしたw

 

鮒、鮒、鮒あああああ!!!鮒来てくれえ!!

ラスト一投。

浮きが真横に動いていく。

合わせっ!

重いっ!
大きな魚体が見えてきました。10cm以上ある大物です。

鮒っ子!!!

無事に鮒で終わることができました!晩夏から秋までは雑魚釣りブログの方が更新が多くなるかもしれません^^雑魚釣り楽しいですね!

釣果:

  1. 鯉っ子 7匹
  2. 鮒っ子 1匹
  3. モロコ 15匹
  4. ウグイ 1匹
  5. モツゴ 1匹

真鮒釣りから雑魚釣りへ移行!

 

ほんっとうに最近は鯉が釣れなくなりました。
鯉の反応、気配が全くございません。時期的なものなのか、場所が悪いのか。小型の鮒が元気なので、鮒仕掛けで遊んでおります。

短時間集中豪雨の後の釣り

が、午前5時を過ぎるとジャミの活性が非常に高くなり、餌がすぐに取られてしまいます。

ならば雑魚を釣ってやろうと仕掛けを袖鈎3号、ハリス0.6号へと変更。

餌は引き続きキャットフードです。

ピクピクと反応するのですが、いくら合わせても針がかりしません。やっぱり夏はまだまだ魚体が小さいんですよね。秋になると立派になってくるんですけど。

まず釣れたのが鯉っ子!!

釣れたというか、頬にスレがかりしていました。自宅に持って帰って塩水で治療です。帰宅してから撮影しました。サイズは3cmほどです。

 

続いて釣れたのがウグイ!!

おおっ!ここにもいるのか~!モロコゾーンで鯉っ子、ウグイが釣れたのはめちゃくちゃ嬉しいです。

続いてしばらく空振りを繰り返してからようやく、竿先に重みを感じました。

モロコとモツゴのリャンコ。

このあとちょっと釣りましたけど、釣り上げている最中にバレてしまい撮影かなわず。多分モロコたちだったと思います。

おやっ?マブナを釣って、鯉っ子を釣って、ウグイ、モロコ、モツゴ…。

何気に五目達成しちゃいましたw

折れかけた気持ちで雑魚釣りへと出撃!

竿は流される。
流された竿を救出するために使用したリール竿がへし折られる。
気持ちを切り替えて鯉釣りをし始めたら、6号のハリスを鯉にぶち切られる。

大損害…あまりの不甲斐なさに嫌になる

気分転換に雑魚釣りです。

 

車で5分ほど移動し、流れ込みポイントで釣り。すでにやまべ釣り師がおりましたが、釣果を伺うと6匹しか釣れていないとのこと。年々渋くなってきているとのことです。カワウのせいだそうです。確かに、狭い流れ込みでカワウが2匹もおりました。

1日に何キロも捕食するカワウですから、こんな小さなポイントでは生態系に悪影響が出るかもしれません。一部地域では駆除対象の害鳥とのことですから、カワウの破壊力というのは馬鹿にできないのでしょう。

 

清明540を360に縮めて雑魚釣り。餌はサシ。

 

打てども打てどもうきに反応はなし。
棚を変えてみましたが、それでもあたりがない。

 

1時間後にようやく浮きの消込み!

 

合わせっ!

 

ブルブルッとした手応えでしたが、なんとなく弱いような^^;

 

やっぱり。

モロコさん!

 

この日の釣果はモロコ一匹。
鯉も雑魚も渋いですね~^^;

ヤマベ、ボラを狙うも見事に空振り

 
鯉釣りにも行きたい!とは常に思っております。が、出張のせいか土曜の朝にもかかわらず体がだるくて仕方がない。睡眠は割りと多めにとったにも関わらずです。蓄膿症で鼻風邪のような状態です。鯉とパワー勝負しては負けてしまうかも、いや、集中力が持たないかも。

などなど、色々と気がつけば「行かない理由」を探している自分に気づきました。
これはいかん!
だったら雑魚釣りに行こう!
当たりもすぐに来るし、ヤマベをもう一度釣ってみたい。
6時前後に現地着。
先日300円ほどで購入した清明540に仕掛けを取り付け、捨て竿としました。

清明540
道糸3号
ハリス2号
ヘラスレ鈎
棒ウキ

エサ:サシ×4
中層に仕掛けを合わせ、ボラや正体不明の魚、ウグイなどを狙ってみました。
清明は柔らかいですし、糸も太いのでこれならボラや大型のウグイがかかっても大丈夫なはず。
本命はやすらぎ360でヤマベ釣り!
道糸2号
ハリス0.6号
袖鈎3号
ガン玉
丸うき

エサ:サシ


当たりがなかなか来ません。場所や棚を変えましたが反応がありません。パンを撒いてみましたが流れが強くて撒いても意味がなさそうでした。

う~ん…こういう時はやっぱり「大ごい」などの練りエサが必要だよなあ。
ピクピクとウキが動き始めました。
合わせを入れたら、ぷるぷるとした手応え。


2~3cmの超小型のかわいいチチブ!
しかけを底からちょっと上に上げて、棚を変更しました。

するとモロコが食って掛かってきました。

今回の釣果はチチブ1匹にモロコ3匹。
捨て竿は捨て竿のままでした。
濁流のところではボラがぴょんぴょん飛んでいたし、ウグイもハネていたのに…。ただ、このポイント常にカワウが潜水しており、こいつが釣れない原因を作っていたのだろうかと、カワウのせいにしておきます^^;

久々の雑魚釣りで・・・ヤマベ(オイカワ、ハエ)!

私のフィールドは似鯉、ヤマベがレアでございます。私はまだ自分のフィールドではヤマベを釣ったことがありません。少ないんですよね。水もきれいではありませんし、鯉、フナ、アメリカナマズなどの大型魚の他、小型魚はモロコ、モツゴ、チチブ、タナゴ、少数ながらウグイ。

こちらで釣果を上げてから場所移動し、雑魚釣りを試してきました。

5月最後の鯉釣り釣行

流れ込みの部分です。大量の水がガンガン流れ込んでおり、昨年の夏頃はお爺様たちが密集隊形で雑魚釣りをしていたところです。

「何が釣れるのですか?」と、聞くと皆様「ヤマベ」と答えておりました。ってことはいるんですね。今の今までやったことがなかったので、竿を出してみました。

やすらぎ360
道糸1号
ハリス6号
ガン玉錘
袖鈎3号
丸うき

餌:サシ

お爺様が一名竿を出しておりました。ヘラ師と思ったら、どうやらヤマベ目当てのようでした。地べたに座って、装備品はヘラ師のように豪勢ではなく、竿と仕掛けと餌だけ持ってきただけの雑魚釣りスタイル。私と同じように貧乏っちい匂いがしましたw

流れ込みなので、仕掛けを投げてもすぐに流されてしまい再び入れ直し。場所を間違ったかな…と、思いつつも2投目。
浮きが流されながらも沈んでいきます。また、引き上げて・・・と。

ドンッ!

え^^;?

キュキュ~~!!!!
糸鳴りとともに、しなりまくるやすらぎ360!!

 

やばいっ!

すぐに横に動きながら、耐えようとしましたがプッツン。

むう…?

鯉か?

いや、でも水深2m以上あるし、私のウキ下はせいぜい80cm程度。鯉じゃないような気もしないでもない。
すると、目の前でボラがハイジャンプっ!さらにオレンジ色の魚体が飛び跳ねていました。もしかしてこいつらの仕業か!?

オレンジ色…見たことのない派手な魚でした。ひょっとして誰かが飼育していて、逃したペットなのかもしれません。南国にいそうなヒレが尖っていて、オレンジボディー。サイズは30cmもありませんでした。

ひえ~。

ここもタマゾン川と化してしまうのか?
アメリカナマズとアカミミガメでいっぱいいっぱいなのに。

 

ヤマベっ!

ハリスと鈎をつけ直して再開。普段鯉釣りの時なら、「やってくれたな」と言わんとばかりに仕掛けを太くして挑むのですが、今回は雑魚釣りです。

数回投げ込んでようやく反応あり。
浮きがゆっくりと沈んでいく。鯉と違ってまったりとあわせられます。
結構重い。まるでウグイのような引き。

はっ!?

ヤマベだっ!

初ヤマベっ!マイフィールドでの初ヤマベっ!
レアなヤマベが釣れた~!対岸の雑魚釣りお爺様も私をじっと見ています。すぐに写真撮影といきたかったのですが、弱らせたらまずいと思ってすぐにペットボトルの中へ。

写真は自宅に帰ってから撮影したものです。
ガッツリ飼育しますよ!

もう、大変満足してしまいました。でも、他のポイントも気になります。
流れの弱いところで竿を出したら、モロコがヒット。

2匹釣ったところで納竿。

早朝90分で鯉1匹、すっぽん1匹、ヤマベ1匹、モロコ2匹。上等です!