「雑魚の釣り方!」カテゴリーアーカイブ

タモロコを釣ろう!

私のフィールで最もよく釣れる。どこにでもいるのがタモロコです。

morokoo

 

私の釣りの原点はタモロコ。
雑魚を釣った時の感動は忘れられません。

市販の雑魚釣りセットに100円竿。
ミミズなどをつけて釣りをしたら釣れました。

「こんな仕掛けでも釣れるんだ~」

と、娘と一緒にはしゃいでいました。

タモロコのいる場所

湖、沼、川どこにでも居ます。
浅瀬、流れ込み、浮草周辺。
中層を泳いでいることが多く、自分の経験上水深の深いところに仕掛けを投入すると、大きいサイズが釣れます。上層に行くほど小さいようです。

 

エサ

パン、赤虫、サシ、ミミズ

仕掛け

2.7m以上の延べ竿
道糸1号
ハリス0.4~0.8号
袖鈎3号または赤虫鈎やタナゴ鈎等
板おもり、ガン玉
丸うき、唐辛子ウキ

タモロコを釣るときは中層を狙っています。
ウキがピョコピョコ動くし、消し込みも頻発します。

タモロコ釣りで不思議なのが、思い切りウキが引き込まれた時に合わせてもほとんど乗らないところ。派手な引きよりも、ピクピクとウキが振動している時、ゆっくり沈みかけている時に合わせると掛かります。 引きは弱いですが、10cmを超えるとビチビチと手応えがあります。
雑魚釣り入門としては最適の魚種ですっ!

 

飼育

タモロコを飼うのは超簡単です。
金魚を飼う感覚で十分です。金魚ほどデリケードでもないし、川魚飼育入門用としても最適です。鮒や鯉との混泳も可能です。縄張り意識もほとんどなく、他の魚をいじめたりしません。

エサは金魚のエサなどで十分です。うちのタモロコはダイソーの100円エサをよく食べてくれます。

適当にエサを上げて、適当に水替えしていれば長生きします。


スポンサードリンク

ツチフキを釣ろうっ!

ツチフキはまぐれで釣れたようなものですが、過去に3匹ほど釣ったことがあるのでご紹介いたします。

ツチフキのいる場所

用水路、流れが非常にゆるい場所に生息しています。泥や砂礫のある底に住んでいる底生生物です。雑食で虫や藻などを食べています。

エサ

赤虫
パン

仕掛け

2.7m
道糸1号
ハリス0.4、0.6号
赤虫鈎、サヨリ鈎の小さいやつ
唐辛子ウキ
ガン玉
別にツチフキを狙って釣ったわけではありません。
雑魚を釣っていたらたまたまツチフキが釣れただけです。用水路でお魚キラーを仕掛けたら随分ツチフキが取れましたので、用水路でじっくり狙えばコンスタントに釣れるかもしれません。

しかし、モツゴやモロコなどの素早い魚がエサを取りに来るので、彼らに先をこされてしまうことが多いですね。ツチフキを飼育していた時も、他のエサ取りにやられてしまい、鯉っ子、ふなっ子の食べ残しを貪る感じでした。

エサを入れるともぐもぐと口を動かして動き始めるのですが、目標に向かって突進していくのではなく、首を振りながらジタバタしながら少しずつ進んでいきます。

ツチフキ死す…

可愛いヤツです。
ただ、短命なことと元気だったのに翌日死んでいたことが2,3度ありました。