iyoshi のすべての投稿

ウグイを釣ろうっ!

ウグイを釣ったのは、清流でオイカワなどを狙いに行った際に外道として釣れたのが初めてでした。親と弟たちとワイワイ言いながらオランダで釣っていました。

魚の呼称ってたくさんあって面白いですよね。
標準和名はウグイですが、ハヤ、ホンバヤ、関東ではクキ、アイソ、長野あたりではアカハラ、九州・四国ではイダ、エイダなどと呼ばれているようです。私は関東居住ですが、クキ、アイソなどとはついぞ聞いたことがありません。関東の一部地域ってことでしょうね。

近所の川で釣った個体
近所の川で釣った個体

生息場所は幅広い!

初めてウグイを釣った場所は清流でしたので、てっきりウグイという魚は清流などきれいな水の流れる場所に住んでいるものだと思っていました。ところが最近、私が鯉を釣っているドブ川のような場所でもウグイが釣れたので驚きました。

確かに、小物釣り動画を見ていると下流域、中流域、ヤマメがいるような上流域にも住んでいたりと順応性はとびきり高い魚です。この季節急に寒くなってきたにも関わらず、モロコたちと一緒にガンガンパンを喰いに来てくれます。産卵期以外は一年中釣れる魚のようです。

 

ウグイのいる場所

現在のフィールドでウグイが釣れる場所は、流れ込みのたるみ、淵、トロ場です。

清流で釣りをした時は、上記に加え、岩が固まっている瀬の部分、深瀬などどのポイントで釣っても喰ってくきました。逆に言うとポイントが絞りにくいのですが、どこでも釣れる魚なのだと感じました。

 

エサ

サシ、パン
私が試したのパンとサシです。どちらも喰いが良いですね。強いて言うならサシの方が若干良いです。他にも川虫や練りエサ、ミミズなどでも釣れるようです。飼育しているウグイは半生赤虫が大好きなので、赤虫でもきっと釣れるはずです。

近所の川で釣った個体
近所の川で釣った個体

 

仕掛け

3.6m~の渓流竿
道糸1号
ハリス0.4~0.8号
袖鈎3号~5号
ガン玉
丸うき、唐辛子ウキ

リール竿にオランダ仕掛けをつけて投入しても釣れます。オイカワと同じですね。

延べ竿での釣りはウキの動きを見て合わせます。
私のフィールドではモロコやモツゴとの混成部隊なので、当たりの際のウキの動きでウグイかその他の魚か大体わかります。

モロコやモツゴは割りと勢い良く消し込む当たり、沈まずにピクピク動きますが、ウグイはス~ッとゆっくりと沈むか、チョンチョンと上下しながら沈んでいくパターンが多いです。

引きは上記2匹の魚と違って強く、重みもあり釣り応えがあります。

中層、底が釣れますね。エサは底ギリギリが最も良いです。
鬼アワセは禁物!他の雑魚同様優しく合わせて下さい^^!

 

ウグイを食べる

ウグイ料理は地方によって様々あるようですね。
私は子供の頃清流でオイカワなどを釣った時に、内臓を取り出して素揚げにして食べたことがあります。ホクホクして美味しかった覚えがあります。

ヤマベ(オイカワ)を釣ろう!

f97fd064ee962ea1aa285e7db0aa204a_s

ウグイの飼育

現在ウグイを3匹飼育しています。鯉っ子、ふなっ子、モロコと混泳させていますが、みんな仲良く暮らしています。エサは半生赤虫をよく食べます。金魚用の飼料も食べないことはないですが、あまり喰いがよくありません。

喰いが良かったのはキョーリンの鯉用エサ、沈下用です。

ヒカリ (Hikari) ひかり胚芽 沈中粒 500g

気をつけなければならないのは、ウグイは水替えなど水質が変わった時に飛び跳ねることです。特に飼育したばかりの頃は、ガラス板に頭をぶつけて頭部を真っ赤にしてしまいます。ガラスぶたの代わりにネットを張るなどして、ショックを和らげるようにしましょう。

2,3週間もすると無茶な飛び跳ねは少なくなります。

流線的なフォルムは日本淡水魚を代表するかのようです。
観賞魚としても愛嬌があり、きれいな魚だと思います。婚姻色が楽しみです。


スポンサードリンク

ヤマベ(オイカワ)を釣ろう!

 

私は基本的にヤマベと言っていますが、正式名称はオイカワです。オスの婚姻色が眩しい!

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:%E3%81%8A%E3%81%84%E3%81%8B%E3%82%8F.JPG

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:%E3%81%8A%E3%81%84%E3%81%8B%E3%82%8F.JPG

写真がないのでwikiから拝借だいっ!

しかしながら、オイカワと呼ぶ地域はほとんどなく、関東ではヤマベ、関西ではハエと呼ぶことが多いようです。オイカワなんて人の名前みたいですもんね。

釣り動画や釣り本を見ると、どこでも釣れる代表的な小魚なのようですが、自分が通っているフィールドではほとんど見ることがなく、希少種と言っても良いほどです。ちょっとした渓流などでオイカワが釣れた時は嬉しくてたまりませんでしたね。

私自身のオイカワの思い出は、小学校の頃父に連れて行ってもらった渓流河川や下流域の川幅が50m以上ある河川で主にオランダ仕掛けで釣ったことです。

青や赤、彩りのきれいな熱帯魚のような魚が釣れて感動しました覚えがあります。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Oikawa1.jpg
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:Oikawa1.jpg

オイカワのいる場所

河川。
渓流のゆるい流れ。流れがぶつかっている石周辺。
瀬脇、落ち込みの肩など。

私は河川でしか釣ったことがないので、流れがゆるい所、岩場周辺でよく釣った覚えがあります。早朝、活性が高いと浅場までやって来て良くウキ釣りで釣りました。午前10時頃になると浅場で釣れなくなってしまい、水温が低そうなやや深場でたくさん釣れました。

湖沼では少しでも水が動いている所や、流れ込みのあるところが良いポイントのようです。

 

エサ

サシ、オイカワ用練りエサ、川虫

 

仕掛け

3.6~5.4mの延べ竿 渓流竿がオススメ!
道糸1号
ハリス0.4~0.8号
袖鈎3~5号
ガン玉
丸うき

リール竿
道糸4号くらいまで。適当でいいです。
市販のオランダ仕掛け

まずはリールでの釣りから。
簡単です。上記ポイント通りに、何となく居そうなポイントへ仕掛けを投げ込みます。オランダかごに練り餌をたっぷり入れます。練りエサはマルキューの『大ごい』、『競技用ハエ』などで十分です。

このまま放置して、竿先がピクピクと動いた時にリールを巻くと何匹か鈎がかりしています。とっても簡単で小学生の自分にとっては一番面白い釣りでした。今年も2度ほど家族連れでオランダ仕掛けで釣った所、子どもたちが一番楽しめたのはこの釣法でした。

練り餌をカゴに詰めた上に、かかり鈎にサシをつけると更に効果的です。

今では延べ竿のウキ釣りが大好きです!
釣りといったら延べ竿っ!モロコやウグイを釣る時と同じ感覚ですが、オイカワの引きは強いし、流れの強さも加わるので、小魚と言えども釣れた時は達成感があります。

鯉やフナ釣りと違って座った状態で釣りをすることは稀で、渓流竿などの軽い竿で川の中にいながら、移動して釣っていましたね~。最初は硬い万能竿を使っていましたが、すぐに腕が疲れてしまいました。

釣をする時は渓流竿が一番です。
ちなみに、毛鉤でも釣れるようです。
夏場は毛鉤の流し釣りなんてのもあり、延べ竿を何度も振るってオイカワが掛かるのを待つ。水面にパシャッ!と来た時に合わせる釣りってかっこよさそうですなあ~。日本の淡水釣りの趣が感じられて、今度試してみたいです。

oikawa

オイカワの飼育

オイカワの飼育方法は雑魚の水辺さんを始め、多くのサイトや動画に掲載されています。私も小さい頃、清流で取れたオイカワがきれいで持ち帰ろうとしたのですが、道中酸欠で死亡した個体。生き残った魚を水槽に入れて飼育しましたが、数日で全滅してしまいました。

当時はブクブク程度しかありませんでしたし、カルキ抜きなんて使っていない、エサも金魚エサ。かなり雑な飼育でした。

とは言え、やはりきれいな水が満ちている清流で暮らしている個体を飼育するのはそれなりのテクニックがいるのでしょう。水温管理などもしっかりしないといけないでしょうし。

私の近所の釣り場のごくごく一部のポイントにオイカワが釣れるようです。 私自身まだ釣ったことがありませんが、鯉釣りをしていたら、脇でオイカワを釣っていたおじさんがいたので、カゴの中を見たらなんとオイカワっ!

来年夏の目標は、地元のポイントでオイカワゲット!からの飼育です。オイカワ用のエサは何種類か市販されているので行けそうです。

ヌマチチブ(チチブ)を釣ろう!

雑魚釣りを始めたばかりの頃よく釣れたのはモロコ。
モロコとともによく針がかりしてきのはチチブでした。
初めて釣った時はとても嬉しかったですね!まさかハゼが釣れるなんて思いませんでしたし、ハゼ系は明らかに一般的な魚系とは違うのでレアな感じがしました。

chichiu2

チチブとヌマチチブの二種類がいるそうですが、判別が難しくて素人には見分けがつきません。一般的に多いと言われているのがヌマチチブだそうです。私の近所の湖沼、小河川に住んでいるのは間違いなくありふれた方のヌマチチブだと思います。

ヌマチチブのいる場所

湖沼、河川、用水路どこにでもいます。
警戒心はあまり強くないようです。護岸されて階段状になっている水深わずか15~30cmの所にも小さなチチブが群れていました。パンを与えると我先にと喰いついていました。

エサ

パン、赤虫、サシ、ミミズ

 

仕掛け

1.8m以上の延べ竿
道糸1号
ハリス0.6~0.8号
サヨリ鈎
板おもり、ガン玉
丸うき、唐辛子ウキ

狙う場所は底。
宙でも食ってくることもありますが、底が確実です。
喰いついてもウキに反応が現れないことがしばしばです。餌に食いついてから走ることもなく、パクっ!と口に入れて身動きしない個体がほとんどです。

鈎は袖鈎3号以上でもOKですが、鈎ごと飲み込んでしまうことが多く、サヨリ鈎だと飲まれにくいのでおすすめです。

しばらくウキに反応が無いのでエサでも付け替えようかと思ってあげると、チチブがかかっていたなんてパターンがほとんどです。エサが底ギリギリに着底しているのが一番良いのでしょうけど、お気楽な雑魚釣りですから、そこまで神経質になる必要はありません。釣れればOKです。 一番反応の良いエサは赤虫です。

chichibu

サシで釣れたチチブ

飼育

飼育はひどく困難です。

他魚との混泳は不可。
娘が釣ったチチブを実家にある金魚水槽に入れたら、翌日金魚のヒレが全部食いちぎられてつんつるてんになっていました。タモロコなどと混泳させた際も腹を噛まれたりして、すぐに移し替えました。

以前、淡水魚釣りを野郎!にも書きました。

チチブ飼育方法 あくまで私の自己流の飼育ですが、ご参考程度に…

同種で飼う場合も注意が必要

2匹以上で飼育すると、お互いに縄張り意識が強く、傷だらけになるまで闘います。大型の個体が優位になることがほとんどですが、小さくても気の強い個体もいて大型に食って掛かることもあります。

ならば3匹でと思って飼育したこともありました。
幽☆遊☆白書の魔界編のように躯、黄泉、雷禅のようにお互い牽制しあって戦わないかと思いきや、2匹がタッグを組んで一匹を集中的にいじめていました。。

喧嘩を少しでも防ぐために

経験上ですが、ヌマチチブ同士の喧嘩を防止するための対策をご紹介します。

  1. 隠れられる障害物をたくさん用意する。
  2. 4匹以上で飼う
  3. なるべく同サイズのチチブにする
  4. 同時期に採取した個体のみを飼育する(最初に2匹飼育して、後日1匹ずつ追加したりしない。先輩後輩関係を作ると後輩の方がやられてしまうことが多い)

飼育用エサについて

チチブの飼育で検索すると、「金魚用のエサを食べてくれない」など人工飼料を受け付けない個体が多いようです。私も最初は何を与えればわかりませんでしたが、「半生の赤虫」が一番だということがわかりました。それまでは、釣りで余った生き餌(赤虫)を与えていました。

ジェックス パックDE赤虫 お徳用 50g

雨が降った後、路上に転がっているドバミミズを与えたら、自分とほぼ同サイズにも関わらず飲み込んでしまいました。やっぱりドバミミズは万能エサですなあ。

ヌマチチブは1,2年しか生きられないそうです。
うちで飼育したのは採取して1年と2ヶ月後に死亡しました。採取された時は生後数ヶ月なので2年近くは生きたはずです。

安全に飼いたい場合は単体飼育が一番です。

餌付けをしていると、水面近くまでホバリングしてきますし、餌くれダンスもしてくれ可愛すぎます。凶暴だけど可愛い、飼育魚としては面白いです。

ツチフキ死す…。

飼育していたツチフキが亡くなってしまいました。
この水槽に来てから2年。お魚キラーで採取した個体で、採取時は5cm程度でしたが、そこから成長して10cm以上になりました。大体2~3年と言われているので、まあまあの往生だったと思います。

鯉っ子やふなっ子、ウグイ達と混泳させていました。
過去に2匹飼ったことがありましたが、2,3ヶ月で亡くなってしまいました。

飼い方は難しく、元気だったのに急にパタリと死んでしまうことが多々あるようです。小魚が亡くなる寸前って急に動き回るようになります。 この老ツチフキもそうでした。

いつもどっしり構えていて、他の魚がいくらはしゃごうともマイペース。

ところが、ここ数日は泳ぎまくっていました。
裏庭の目立たないところに埋葬してきました。

ツチフキのエサは半生アカムシ、ダイソーの100円エサで十分。
混泳させているウグイたちがささっとアカムシを食べてしまうので、そのおこぼれを食べていた感じでしたね。ツチフキはあまり動かないけど、癒されるフォルムで好きでした。

鯉っ子を釣ろう!

私は鯉釣りにドハマリしています。
ただ、9,10月の減水中は、大型の鯉釣りポイントが鯉っ子やウグイの釣り場になります。他の方の動画やブログを見ていると、鯉っ子をポンポン釣っており、どこにでも居そうな感じですが、私が釣りをしているフィールドでは鯉っ子が釣れる場所は1箇所しか知りません。

鯉っ子がポンポン釣れるフィールドで釣りしてみたいなあ。

2015/ 9/ 6 8:35

また行っちゃった!雑魚釣り!

鯉っ子のいる場所

一般的には用水路、小河川や湖沼の流れが緩やかな場所に生息しています。

エサ

パン、大ごい練りエサ

 

仕掛け

2.7m~の延べ竿
道糸1号
ハリス0.6~0.8号
袖鈎3~4号または鯉鈎の小さいやつ。
ガン玉、板おもり

私が初めて鯉っ子を釣ったときの仕掛けは、道糸6号、ハリス6号、鯉鈎10号で鯉を狙っているときのことでした。激しく丸うきが消し込んだので合わせてみると、なかなか可愛サイズ。10cm未満でしたね。

子供とはいえ、鯉なので引く力は同サイズのモロコやウグイ、鮒よりも強かったです。

スパッ!と、消し込む丸うき。まるで大人の鯉です。

31c22d50

誰かが放流した色鯉っ子も釣れました!スレ鯉相手に翻弄されっぱなし。色付き鯉っ子捨てたの誰だ!?

飼育

飼育は楽ちんです。
とにかく丈夫な魚ですから、モロコと同じ感覚で育てれば問題ないです。

乾燥アカムシ、金魚用のエサ、鯉用エサなんでもOKです。パンやさつまいもも食べますが、水が濁ってしまうし、パンだけ与えていると絶対に栄養が偏るので、基本的に市販の人工飼料で十分です。

傷の回復力も他の魚と較べて早い気がします^^;
釣りで顎の皮膚をざっくりと5mmほど切ってしまい出血していましたが、塩水浴をさせたところ、数日で跡形もなく傷が治ってしまいました。

ずっと物陰に隠れている個体と、ウロウロ泳ぎ回る個体と個性にもばらつきがあります。一番愛着のある魚です。鯉っ子釣りてえ~!

ビワヒガイを釣ろう!

ビワヒガイは琵琶湖原産。
でも、上流で何かの魚の放流とまじり、こんな汚い湖までおりてきたのだと思います。うちは関東地方ですからね。普通ならビワヒガイなどとは無縁のはずです。

ところが、過去に3匹ほど釣ったことがありました。
見たことのない魚なので、娘に調べさせていたらビワヒガイであることがわかりました。当時の写真、とっておけばよかったなあ…。

ビワヒガイのいる場所

琵琶湖、琵琶湖周辺。
でも、近所(関東地方)の湖で釣れました^^
水深は2mほどの場所でした。

釣り方

琵琶湖もしくはその他の地域ではきちっとした釣り方があるかもしれませんが、私は雑魚釣りをしている時にたまたまかかってしまった感じです。

 

仕掛け

2.7m~の延べ竿
道糸1号
ハリス0.4~0.8号
袖鈎3号または赤虫鈎、タナゴ鈎等
ガン玉、板おもり
丸うき、唐辛子ウキ

エサ

赤虫

中層、上層ではなく、底狙いで釣れました。
釣った時期は10,11月でした。

 

飼育

モロコ達と混泳させていました。市販の金魚のエサ、乾燥アカムシをよく食べていました。
縄張り意識があるのか無いのか…。気安く近づいて来たモツゴに頭突きを食らわせていました。雑魚の水辺さんでヒガイを調べてみたら、混泳している魚を追いかけ回すこともあるようですね。もう一度飼育してみたい魚です。

モツゴを釣ろう!

雑魚釣りを娘と始めたばかりの時、モロコに混じって数匹釣れたのがモツゴでした。
雑魚の割に河川や湖沼ではそれ程釣れない魚。モツゴって昔はたくさんいた気がしたのですが…?

モツゴの釣れる場所

河川、小沼にも居ますが、主に水路ですね!
細い農業用水路にたっぷりおりました。
お魚キラーを設置したらモツゴが大盛り!

 

エサ

パン、赤虫、サシ、ミミズ

 

仕掛け

1m以上の延べ竿
道糸1号
ハリス0.4~0.8号
赤虫鈎やタナゴ鈎3号等
板おもり、ガン玉
丸うき、唐辛子ウキ

モツゴを嫌というほど釣りたいのであれば、河川、湖沼ではなく水路がおすすめです。
クチボソと言われているとおり、口がものすごく小さいので袖鈎では釣りづらいです。モロコと同じ鈎で釣ってもなかなか掛からず、イライラしてしまいます。タナゴ鈎やサヨリ鈎を使うと釣りやすいです。 引きの強さはタモロコとほぼ同じです。

用水路で釣れた個体
用水路で釣れた個体

飼育

モロコと同じ感覚で飼育していました。
モロコ、タナゴと混泳させていたら、追いかけ回すようになり、モロコは目玉をえぐられてしまいました…。執拗に追いかけ回して、水槽のコーナーにグリグリと押し込んだり、突き回すんですよね。

自分よりも遥かに大きな体格のオオタナゴすら追いかけ回していました。

以降、モツゴは飼育していません。

実家で父親がモツゴを飼育していたときは魚類はモツゴのみ、仲間同士傷つけあうことはありませんでした。

タモロコを釣ろう!

私のフィールで最もよく釣れる。どこにでもいるのがタモロコです。

morokoo

 

私の釣りの原点はタモロコ。
雑魚を釣った時の感動は忘れられません。

市販の雑魚釣りセットに100円竿。
ミミズなどをつけて釣りをしたら釣れました。

「こんな仕掛けでも釣れるんだ~」

と、娘と一緒にはしゃいでいました。

タモロコのいる場所

湖、沼、川どこにでも居ます。
浅瀬、流れ込み、浮草周辺。
中層を泳いでいることが多く、自分の経験上水深の深いところに仕掛けを投入すると、大きいサイズが釣れます。上層に行くほど小さいようです。

 

エサ

パン、赤虫、サシ、ミミズ

仕掛け

2.7m以上の延べ竿
道糸1号
ハリス0.4~0.8号
袖鈎3号または赤虫鈎やタナゴ鈎等
板おもり、ガン玉
丸うき、唐辛子ウキ

タモロコを釣るときは中層を狙っています。
ウキがピョコピョコ動くし、消し込みも頻発します。

タモロコ釣りで不思議なのが、思い切りウキが引き込まれた時に合わせてもほとんど乗らないところ。派手な引きよりも、ピクピクとウキが振動している時、ゆっくり沈みかけている時に合わせると掛かります。 引きは弱いですが、10cmを超えるとビチビチと手応えがあります。
雑魚釣り入門としては最適の魚種ですっ!

 

飼育

タモロコを飼うのは超簡単です。
金魚を飼う感覚で十分です。金魚ほどデリケードでもないし、川魚飼育入門用としても最適です。鮒や鯉との混泳も可能です。縄張り意識もほとんどなく、他の魚をいじめたりしません。

エサは金魚のエサなどで十分です。うちのタモロコはダイソーの100円エサをよく食べてくれます。

適当にエサを上げて、適当に水替えしていれば長生きします。

ツチフキを釣ろうっ!

ツチフキはまぐれで釣れたようなものですが、過去に3匹ほど釣ったことがあるのでご紹介いたします。

ツチフキのいる場所

用水路、流れが非常にゆるい場所に生息しています。泥や砂礫のある底に住んでいる底生生物です。雑食で虫や藻などを食べています。

エサ

赤虫
パン

仕掛け

2.7m
道糸1号
ハリス0.4、0.6号
赤虫鈎、サヨリ鈎の小さいやつ
唐辛子ウキ
ガン玉
別にツチフキを狙って釣ったわけではありません。
雑魚を釣っていたらたまたまツチフキが釣れただけです。用水路でお魚キラーを仕掛けたら随分ツチフキが取れましたので、用水路でじっくり狙えばコンスタントに釣れるかもしれません。

しかし、モツゴやモロコなどの素早い魚がエサを取りに来るので、彼らに先をこされてしまうことが多いですね。ツチフキを飼育していた時も、他のエサ取りにやられてしまい、鯉っ子、ふなっ子の食べ残しを貪る感じでした。

エサを入れるともぐもぐと口を動かして動き始めるのですが、目標に向かって突進していくのではなく、首を振りながらジタバタしながら少しずつ進んでいきます。

ツチフキ死す…

可愛いヤツです。
ただ、短命なことと元気だったのに翌日死んでいたことが2,3度ありました。